大学生がプログラミングをできるだけ安く学習する方法【文系必見】

プログラミング

大学生がプログラミングをできるだけ安く学習する方法【文系必見】

悩める人
【今回のお悩み】
文系大学生がプログラミング学習して就職を決めるには何をすれば良いんだろう。
【本記事で解決】
選ぶべき言語からおすすめの学習方法までを紹介。これこそが独学の最短ルートだ。
うぬぼれ

 

<この記事を書いた人>
✔︎文系からエンジニア職
✔︎IT知識ゼロからIT企業に入社
✔︎現在はマネジメント業務も兼任
 (周囲に中途含みエンジニア多数)

 

本記事の内容

  • progate(プロゲート)を使う:980円
  • Udemy(ユーデミー)を使う:1万円以下
  • teratail(テラテイル)を使う:無料

 

それでは内容に入っていこう。

 

文系大学生の格安プログラミング
①progate(プロゲート)を使う:980円

文系大学生の格安プログラミング
①progate(プロゲート)を使う:980円
progate(プロゲート)

月額980円のオンライン学習サイト

・15言語79レッスンが980円で受講可能
・プログラミング初学者はマスト
・【注意】実務レベルではない

 

15言語79レッスンが980円で受講可能

progateで受けられる言語コースは下記の通り。月額980円という激安で全レッスンを受けることができる。

 

【progateで学べる15言語
(2020年10月時点)】

1.HTML&CSS
2.Java
3.javascript
4.jQuery
5.Ruby
6.Ruby on Rails
7.PHP
8.Python
Swift(2019年10月に終了)
9.command line
10.go
11.git
12.saas
13.SQL
14.react
15.Node.JS

 

習得のしやすさを考えると「HTML/CSS」、今後の将来性や需要を考えると「Pyhon」「Ruby」が狙い目。
うぬぼれ

>>プログラミング独学が可能な言語→【結論】PythonかRubyならアリ

 

 

プログラミング初学者はマスト

プログラミング初学者が真っ先にするべきことは「イメージを掴む」事。ここをクリアできるかどうかで今後が大きく変わってくる。

 

 

progateがプログラミング初学者にとって最適な理由は下記に尽きる。

・場所を問わずに学習できる
・必要なものはPC一台とネット環境
・ゲーム感覚で完成イメージが分かる

 

progateで「プログラミングって楽しい」と感じながらイメージを掴むことができる。
うぬぼれ

 

【注意】実務レベルではない

注意点としては「progateのみでプログラマーになるは難しい」という部分である。あくまで初学者向きの入口部分。

 

 

大学生がプログラミング独学を効率的に進めるためには、あらかじめステップを認識する必要がある。

【独学の大まかな3ステップ】
①progateでイメージを掴む
プログラミング写経で型を学ぶ
③オリジナル開発を行なってみる

 

progateはプログラミング学習の入口に過ぎない。2周する必要はないので写経フェーズに移っていこう。
うぬぼれ

>>エンジニア志望がprogate(プロゲート)を行うデメリット【激白注意】

 

文系大学生の格安プログラミング
②Udemy(ユーデミー)を使う:1万円以下

文系大学生の格安プログラミング
②Udemy(ユーデミー)を使う:1万円以下
Udemy(ユーデミー)

格安のオンライン動画学習サービス

・質の高い動画講義が格安で手に入る
・プログラミング写経にオススメ
・【注意】セール時以外は高額

 

質の高い動画講義が格安で手に入る

Udemyは進研ゼミでお馴染みの大手ベネッセが運営している動画教材プラットフォームだ。日本だけでなく世界中にユーザーがおり、扱う教材数は10万件以上にも登る。

 

プログラミング初学者にとって嬉しいメリットもあるぞ。

・プログラミング教材が圧倒的に多い
・講師に直接質問できる
・返金制度もある

 

教材が多過ぎて選びぬけない声も聞く。こちらの記事を参考に選んでみよう。
うぬぼれ

 

プログラミング写経にオススメ

プログラミング初学者がprogateでイメージを掴んだあとは、プログラミング写経で模範となる開発例の「型」を学ぶのが有効。

 

Udemy内の「ベストセラー」や「高評価」といったタグは人気教材の証であり、まさにプログラミング写経の例としてはうってつけである。

 

【要注意】
プログラミング写経は効果抜群の方法だが教材を間違えると時間のムダになる。

>>プログラミング初心者は教材を厳選し「写経」すべし【独学OK】

 

写経はほとんどのプログラマーが実践してきた王道の学習方法だ。
うぬぼれ

 

【注意】セール時以外は高額

Udemy内で教材を買う際には必ずセールで買うべし定価1万円の教材が2,500円」まで割引されるので、タイミングを見計らって一気買いしよう。

 

【ポイント】
セール時に一気買いしても使わない場合は返金制度を利用するべし

 

割と頻繁にセールを実施しているので、逐一チェックするようにしてみよう。下記画像の通り中々の割引率。

 

実際にセールで75%割引されている例はこちら
うぬぼれ

 

文系大学生の格安プログラミング
③teratail(テラテイル)を使う:無料

文系大学生の格安プログラミング
③teratail(テラテイル)を使う:無料
teratail(テラテイル)

完全無料のITエンジニア質問サイト

・現役エンジニア達に質問し放題
・即レスは返ってこないが返信率9割
・【注意】ガチ初学者にはきついかも

 

現役エンジニア達に質問し放題

teratail(テラテイル)というサイトはプログラマーの多くが知っているサイトである。プログラミング学習だけでなく実務時にも利用してるエンジニアが多い。

 

一言でいってしまえば「Yahoo!知恵袋のIT特化版」

 

強みは主に下記3点。

【teratail(テラテイル)の強み】
・現役エンジニア達が回答
・完全無料のサービス
・回答率9割

 

質問が尽きないプログラミング初学者にとっては強い味方だ。デメリットは下記に記載している。
うぬぼれ

>>プログラミング独学の「質問できない」を解決【おすすめサイトあり】

 

即レスは返ってこないが返信率9割

どんな質問でも投稿することができるが、即レスで回答が戻ってくる訳ではない。数日後という場合もよくある。

 

どうしても学習途中で詰まって動けない場合は一旦teratailに質問投稿するのも手。

 

・一旦teratail(テラテイル)に質問を投稿
    ↓
・返信が戻ってくるまで自力で調べる
    ↓
・数日後teratail返信で答え合わせを行う

 

返信が戻るまでの数日を利用して自力で解決し答え合わせを行うのも実力がつく方法だ。

 

不明点が出てきても「自分でアタリをつけて調査する」フェーズを挟めばプログラマーとしての勘所が養われる。
うぬぼれ

 

【注意】ガチ初学者にはきついかも

実際にteratailサイトを覗いてもらえばわかるが、初歩的すぎる質問には回答がつかない場合が多い。

 

プログラミング初学者といえども「手取り足取り教えてもらいたい人」の場合はプログラミングスクールが向いている。

 

【teratail(テラテイル)】
・あくまでITエンジニア同士の質問サイト
 →初歩的な質問は自分で解決すべし

 

とはいえ、無料サービスとしては管理優れているので有効活用しない手はないだろう。

 

progate、Udemy写経後の「自サービス開発のタイミングなどでの利用」がオススメ。
うぬぼれ

 

文系大学生の格安プログラミング
まとめ

文系大学生の格安プログラミング
まとめ

本記事のまとめ

  • progate(プロゲート)を使う:980円
    →月額980円のオンライン学習サイト
  • Udemy(ユーデミー)を使う:1万円以下
    →格安のオンライン動画学習サービス
  • teratail(テラテイル)を使う:無料
    →完全無料のITエンジニア質問サイト

>>就職を後悔している20代、30代向けプログラミングスクール【最新版ランキング】

 

  • この記事を書いた人

うぬぼれ(管理人)

都内在住の29歳。大手IT企業にてデータ分析者として勤務中。ブログ内では副業解禁に先駆け2,30代サラリーマン向けに有益な情報を発信中。半年でフォロワー6000&1ヶ月でnote200部超えた実績あり。ちなみにMARCHの文系出身。

-プログラミング

Copyright© うぬぼれblog , 2020 All Rights Reserved.