筋トレ・食事

スクワットでテストステロン爆増!!朝からメンタル最強【人生変わる】

2020年2月13日

悩める人
【本日のお悩み】
なんか最近朝起きてから一日中元気がないし気力も湧いてこない。なんだか漠然とした不安感もあるしマジで人生変えたいわ。
【本記事で解決】
おいおい。そんなんじゃ副業リーマンとして危ういぞ。男性も女性もテストステロンさえ高めれば人生が好転しだすのに知らないのか?今すぐスクワットしよう。
うぬぼれ

 

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その1:すごい効果

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その1:効果

スクワットでテストステロンが溢れる

スクワットでテストステロンが溢れる

テストステロンの効果がやばい

スクワットは簡単にいうと「しゃがんで立ち上がる」上下運動である。たったこれだけでテストステロンという男性ホルモンが爆増するのだ。

 

テストステロンの効果は下記の通り。

 

・やる気が増加する
・行動力が増加する
・肉体が強化される
・不安感が消滅する
・疲労感が減少する

 

この恩恵は男性でも女性でも受ける事ができる。ちなみにスクワットの説明は下記の通り。

 

 

スクワット(squat)はウエイトトレーニングの基本的な種目でBIG3の1つ(他は、ベンチプレス、デッドリフト)。直立した状態から膝関節の屈曲・伸展を繰り返す運動で、下半身、特に大腿四頭筋・下腿三頭筋・大臀筋・中臀筋などの筋力アップ、筋肥大に大きな効果を持つ。

Wikipedia スクワットより引用

 

 

全く頭に入ってこないと思うので、記事後半に参考動画を連携しておく。是非チェックしてみよう。

 

朝イチこそスクワットするべき

テストステロンの特性の一つとして「起床直後にピークを迎える」という部分がある。そこで効率よく下半身を鍛える事ができるスクワットを併せる事で相乗効果が生まれるのだ。

 

所要時間もたった1分で十分。寝ぼけた状態でも十分に行う事ができる。

 


参考

あなたが超面倒くさがりだとしても朝スクワットをするべき。

 

スクワットがなぜ効くのか

テストステロンは筋肉を効率的に動かす事ができれば多く生産されるというのが基本的な考え方だ。マッチョである必要はなく大きい筋肉を動かす事ができれば良いのだ。

 

そこでスクワットの出番である。実は人体の筋肉の7割は下半身に密集しており、スクワットによって効率的に刺激を入れる事ができるというわけだ。テストステロンという観点では腹筋を数百回やるよりスクワット1分の方が効率的だ。

 

こればかりは体感してみるしかない。

 

 

 

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その2:圧倒的な効率

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その2:圧倒的な効率

スクワットは筋肉量も効率よく増やす。精神も安定。

前述した通り、下半身には7割の筋肉が存在するため効率よく筋肉量を増やす事ができる。筋肉量を増やすメリットの一つに情動が安定するという部分がある。

 

”メンタル悪化には血糖値の急上昇が絡んでいる”という話は有名だが、血糖値は筋肉量でコントロールできる可能性が高い。筋肉は糖を貯蔵する働きを持つため「血液中の糖が過剰にならない」という理屈だ。

 

スクワット15回は腹筋500回分

はてな

長時間の筋トレはむしろ逆効果であることが最新の研究で判明している。

 

それはテストステロン合成でも筋肉量増加という点でも共通している。

 

あなたが筋トレや運動を面倒くさいと思う理由の一つに「長時間しなければならないという誤った認識」があるはずだ。断言するが1時間を超えるような長時間の運動は必要ない。

 

 

ココがポイント

小さい筋肉群である腹筋(上体起こし)を500回するのと大きい筋肉群を動かすスクワット15回は同じ効果がある話も有名だ。

 

どちらが効率的かは言うまでもない。スクワットをするべきなのだ。

 

所要時間1分。もはや忙しいは理由にならない。

スクワット15回は1分かからずに完了する。

 

メンタル改善や脳機能パフォーマンスを上げたい筋トレ初心者はその1分だけ集中して臨んでくれ。

 

たった1分。

 

朝昼晩15回ずつなど”細切れ戦法”がオススメ。

 

 

 

 

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その3:ダイエット

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その3:ダイエット

最速で基礎代謝を上げカッコいい体を作る

スクワットで効率よく筋肉量を増やす事で得られるメリットの1つに「基礎代謝の向上」がある。

 

基礎代謝とは何もしなくても消費されるエネルギー最低量というイメージで概ね覚えておこう。筋肉量を増やす事でそれが向上するのだ。

 

つまり、就寝中含め脂肪燃焼しやすい身体へと生まれ変わる体質改善を実現できる事にも等しい。スクワット1分するだけで身体が好転し始めるのは基礎代謝の向上が大きく関係している。

 

スクワットとメンタルで脳もシェイプアップ

スクワットが習慣づき数週間が経過すると「もっと運動したい」という意欲が湧いてくる。その時にちょうど良いメニューがある。

 

それはスクワットとランニングを掛け合わせる事だ。(連続で行う必要はなく朝一でスクワット、日中にランニング20分を推奨)

 

スクワット

・脳機能やメンタルが向上する
・運動消費自体は多くはない
・基礎代謝量は向上する

 

ランニング

・脳機能やメンタルが向上する
・60kgの人が5km走る際に300kcal消費
・基礎代謝量は変化なし

 

下半身の筋肉を増やすスクワットもしつつ、全身運動のランニング2~30分で脳神経シナプスを成長させる。スクワットは毎日、ランニングは週2~3で隔日継続する事ができれば上出来。

 

身体も精神も脳機能も向上して怖いもの無し。運動習慣がつけば物理的に別人になれるのだ。

 

陰キャが陽キャになる話などもあながち嘘ではなく科学的な根拠があるのだ。

 

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その4:勝利確定

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その4:勝利確定

腰を痛めない「床タッチ スクワット」で人生勝利確定かも

注意ポイント

スクワットはむやみやたらに回数をこなそうとすると腰を痛める場合が多い。

 

下記動画で紹介してある床タッチスクワットは腰や膝を痛めにくいのでぜひ習得するべきだ。

 

 

 

 

意識する事は【つま先が膝より前に出ている】ということだけで十分だ。後ろの椅子に座るイメージがあればOK。

 

自律神経が整い、脳にも「効く」

スクワットのような大きい筋肉群を動かす事により、交感神経のスイッチがONになる。

 

シーソーのように自律神経はバランスを取る働きがある。自律神経が整えば不眠症がちな人でも安心して夜ストンと眠りにつくだろう 。

 

また、全身の血流促進が行われデスクワークで溜まっていた血液が循環し始めるので頭もスッキリするのだ。

 

それは錯覚ではなく脳への血流量が増加し脳機能が高まるからだ。

 

スクワットでテストステロン爆増!!
朝からメンタル最強その5:まとめ

 

 

勝ちたければスクワットをすべし

行動力やモチベーションと密接に関係しているテストステロンは筋トレによって増加することがわかっただろうか。下半身の筋肉群をスクワットで鍛える事によりメンタルに始まり人生が底上げされるのだ。

 

ココがポイント

あなたが普段から人目が気になったりすぐクヨクヨしてしまう精神不調はテストステロン不足かもしれない。

 

過去の自分を乗り越えたいのであればスクワットをするべきだ。まずは朝1分を10日間続けてみよう。ステッパーでさらに進化する事ができるかもしれないぞ。

 

人生は長期戦なので今から健康投資として行動していくのが吉。取り組むのが早ければ早いほどあなたの将来が大きく変わってくるはずだ。

 

スクワット×プロテインでボケ防止

加齢により身近な人の認知機能が落ちてきた際には是非「運動」や「食事」に意識を配ってあげよう。たんぱく質の補給源としてプロテインは超おすすめ。

 

また、過去に大ヒットした「スクワットマジック」という補助アイテムも存在するので女性や筋力不足の人は購入してみよう。たまにセール価格になっていることもある。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

うぬぼれ(管理人)

都内在住の29歳。大手IT企業にてデータ分析者として勤務中。ブログ内では副業解禁に先駆け2,30代サラリーマン向けに有益な情報を発信中。半年でフォロワー6000&1ヶ月でnote200部超えた実績あり。ちなみにMARCHの文系出身。

-筋トレ・食事
-

Copyright© うぬぼれblog , 2020 All Rights Reserved.