プログラミングスクール界隈が闇と言われる理由【情弱狩りにご注意】

プログラミング

プログラミングスクール界隈が闇と言われる理由【情弱狩りにご注意】

悩める人
【今回のお悩み】
エンジニアへの未経験転職をするためにプログラミングスクールを検討しているけれども「情弱狩り」の噂は本当なのかな。
【本記事で解決】
スクール界隈に闇が多いのは本当。
人生を無駄にしないためにも避けるべきスクールと選び方について説明しよう。
うぬぼれ

 

<この記事を書いた人>
✔︎文系からエンジニア職
✔︎IT知識ゼロからIT企業に入社
✔︎現在はマネジメント業務も兼任
 (周囲に中途含みエンジニア多数)

 

本記事の内容

  • 完全無料で転職失敗
  • 大金をドブに捨てる人々
  • 現役エンジニアに選んでもらうべし

 

それでは内容に入っていこう。

 

プログラミングスクール界隈は闇!?
①完全無料で転職失敗

プログラミングスクール界隈は闇!?
①完全無料で転職失敗

斡旋先がブラック会社という罠

・完全無料スクールには裏がある
・斡旋先がブラック企業で心身崩壊
・もちろん例外もあるが見極めが困難

 

完全無料という美味しい話には当然裏がある
うぬぼれ

 

完全無料スクールには裏がある

斡旋企業先へ人員と提供することで数十万円〜百万円の利益を得ている。

 

知らない人も多いかもしれないが、完全無料を謳うスクールの多くは卒業生を提携企業に斡旋している場合が多い。その対価としての報酬を得る事で無料ビジネスが成り立っているのだ。

 

【完全無料スクールのビジネス】
・受講生からお金は取らない
・提携先の企業に就職を斡旋する

 

悩める人
受講者にとってはメリットだらけな気がするけど何が問題なの??

闇と言われているのは斡旋先だ。
うぬぼれ

 

注意ポイント

特に客先常駐には気をつけよう。
→今後のキャリア形成にも悪影響アリ。

 

【客先常駐とは】
他社に派遣され業務を行う形態。
うぬぼれ

 

客先常駐の場合は「言われたことのみを長時間やる」状態が数年続いてしまい、スキルアップどころではない。IT業界でキャリアアップしていくために複数社を経る場合が多いが、客先常駐は1社目で心身ともに疲弊する"詰み"の状態になってしまう。

 

エンジニア界隈では有名な宇都宮さん(フォロワー2万人超え)も警鐘を鳴らす。

 

上の動画は絶対に見るべし!!
(全7分と短め)
うぬぼれ

 

ちなみに動画内で言っている内容は決して誇張ではなく、エンジニアやプログラマ界隈ではもはや常識レベルの話である。

 

要するに、客先常駐の多くの場合「安い給料で客先に派遣され単純作業を延々と行う」事に繋がってしまうのだ。

 

斡旋先がブラック企業で心身崩壊

度を越すブラック企業の場合は心身を壊し休職の可能性が出てくる。

 

前述した通り、「客先常駐の場合は低賃金でスキルもつかずキャリアアップが見込めない場合が多い」であるがもう一つ懸念すべき点がある。

 

ブラックな職場率がマジで高い。
うぬぼれ

 

待遇が恵まれない客先常駐の場合、パワハラが横行するなどはよく耳にするほど割と日常茶飯事である。おそらく日頃からの不満や鬱憤のようなものが職場全体に蔓延している事が大きな理由だろう。

 

客先常駐の劣悪な待遇が「職場のブラック化」を促進しているという事だ。
うぬぼれ

 

客先常駐の経験者からリアルな経験談を聞く事があるので下記に3つほど例をあげておこう。

【客先常駐で本当にあった怖い話】
・金銭面
…同内容で給料が他社の半分
・技術面…数年間同じルーチンワーク
・キャリア面…10年間昇格なし

 

完全無料スクール全ての斡旋先が客先常駐というわけではないが、危険性が大きい事は知っておこう。

 

「未経験者でもOKな客先常駐」
=「素人ができる超単純な作業」
を意味する事が多い。
うぬぼれ

 

要はスキルアップできるかどうかの次元ではない。

 

もちろん例外もあるが見極めが困難

全ての完全無料スクールが罠ではないが未経験者が見極めるのは超困難。

 

一点補足をしておくと、全ての客先常駐が恵まれないというわけではない。数こそ少ないがスキルが身につき待遇が良い客先常駐も当然存在する。

 

悩める人
完全無料スクールの客先常駐への企業斡旋を避ければ良いのは分かったけど、何の業務を選ぶべきなの??

自身の経験や周囲の話を踏まえると下記の順番でオススメ
◎…自社開発企業
○…受託企業
×…客先常駐、SES
うぬぼれ

 

以下で企業概要を示すのでイメージするべし。

区分 概要

自社開発
企業

自社でオリジナル開発しているサービスで利益を得ている会社
(例)クックパッド、任天堂、DMM、スマートニュース、LINE、サイボウズ、メルカリなど


受託企業

外部から開発を丸ごと受注し、利益を得ている会社
(例)そこそこの数の会社


客先常駐
SES
客先に社員を派遣して利益を得ている会社
(例)非常に多くの会社

 

プログラミングスクール界隈は闇!?
②大金をドブに捨てる人々

プログラミングスクール界隈は闇!?
②大金をドブに捨てる人々

過剰なインプットで数十万円を浪費

・無料だけでなく有料スクールも要注意
・受け身ならスクールに通う価値なし
・入会前の無料体験は100%受けるべき

 

完全無料スクールだけでなく、有料スクールにも罠は沢山ある。
うぬぼれ

 

無料だけでなく有料スクールも要注意

「お金払ってるからOKでしょ?」が更なる悲劇を生む。

 

数十万円を支払う有料スクールでも絶対に安心ではない。現在はプログラミング人気の影響があちらこちらでプログラミングスクールが乱立している時代になっている。

 

完全無料スクールの場合は斡旋企業に気をつけろという内容であったが、有料スクールもまた別ベクトルで闇が深くなっている。

 

有料スクールの闇を書き出すとざっと以下の通りだ。

【数十万円スクールの闇(一部抜粋)】
・転職実績にバイト合格が含まれていた
・メンターが現役エンジニアでなく学生
・扱っている教材やカリキュラムが古い
・教材内容がそもそも間違っていた
・講師やメンターの愛想が悪すぎた
・通学受講のみ(しかも僻地)
・質問への返答が一週間後
・受講生からの評判が悪い

 

辛口な自分が推奨するスクールについて知りたい方は以下をどうぞ。判断基準や除外したスクール名(大手含む)なども実名で記載済み。

 

受け身ならスクールに通う価値なし

いくら大量にインプットしても自分で手を動かさなければ、何の意味もない。

 

有料スクールの中のカリキュラムを覗いてみるとインプットばかりの所も多いが、まっったくの無意味。プログラミングスキルをつけたければ自分から手を動かす他ない。(500時間が目安)

 

スクールはあくまでも勉強のサポートをするだけ。楽な思いができるわけではないのでご注意。
うぬぼれ

 

都合が良いことばかりいう有料スクールは要注意。

 

未知のプログラミング猛勉強を半年間するので受験勉強と同様のストレス負荷がかかる事は認識しておこう。

 

過去にプログラミング経験がある場合はスクールを使わずに独学で勉強する方法もある。独学する際にはUdemyなどで良質な教材を選ぶべし。



独学派は相当効率よく勉強しないと半年後にスクール組に抜かされてしまうぞ。
うぬぼれ

 

入会前の無料体験は100%受けるべき

いきなり入らずに必ず雰囲気を掴みにいくべし。あなたが感じる「何か違うかも」は結構正しい。

 

プログラミングスクールのデメリットはお気付きの通り「数十万円と高額」な部分である。

 

気が変わらないうちに入会を勧める広告やサイトが多いが見切り発車の申し込みは絶対にNG。
うぬぼれ

 

評判が良いスクールほど無料体験や事前カウセリングを実施しているので必ず「事前に」受けるべし。

 

スクール名
(各レビュー記事)
お試し体験
内容
TECH CAMP
(テックキャンプ)
無料カウンセリング
tech boost
(テックブースト)
無料面談
Code Camp
(コードキャンプ)
無料体験レッスン

 

「実際に話を聞いたら何か違う…。」という可能性は大いにある。本気で入会を考えているなら事前に不安を潰しておこう。
うぬぼれ

 

プログラミングスクール界隈は闇!?
③現役エンジニアに選んでもらうべし

プログラミングスクール界隈は闇!?
③現役エンジニアに選んでもらうべし

部外者が選んだところで何の根拠もなし

・プログラマーやエンジニア目線
・プロジェクトリーダー(PL)目線
・プロジェクトマネージャー(PM)目線

ちなみに一般的なプログラマーのキャリアUPは以下の通りと言われている。

・プログラマー
   ↓
・SE(システムエンジニア)
   ↓
・PL(プロジェクトリーダ)
   ↓
・PM(プロジェクトマネージャー)

 

自分の場合はプログラマーからPMまで全て経験済み。実体験と一般論をあわせて推奨カリキュラムについて解説しよう。
うぬぼれ

 

プログラマーやエンジニア目線

【チェックするポイント】
このカリキュラムで育った人材は現行業務の全容を理解し適切に業務遂行できるか。

 

インプット重視ではなく、課題に沿って手を動かす「アウトプット重視のカリキュラム」になっているかが大前提。

 

その上で、メンター含め複数人との開発を積めるかが重要になってくる。

 

「実ユーザーがどのようにプロダクトを利用するのか」という視座が養われるスクールが望ましい。
うぬぼれ

 

開発に力を入れているCode Campはかなり近しい。

 

プロジェクトリーダー(PL)目線

【チェックするポイント】
このカリキュラムで育った人材は担当者としてお客様やメンバーと適切なコミュニケーションができるか。

 

現場配属された後は大勢の人々とのコミュニケーションが円滑に取れる事が大前提。

 

特にお客様に対しては専門用語を理解した上で噛み砕いて説明する必要があるため、他社への発表経験が豊富に用意されているかが重要になってくる。

 

チーム間での質疑応答が上手かどうかも重要。「交流が多いスクール」は大きな差別化につながる。
うぬぼれ

 

自由参加の交流会があるtech boostは望ましい。

 

プロジェクトマネージャー(PM)目線

【チェックするポイント】
このカリキュラムで育った人材は適切なスケジュール感やコスト感が身についているか。

 

プログラミングスキルというと「高品質な成果物を作れるかどうか」という部分に目が行きがちになるが、採用元PMが見る観点は異なる。

 

実業務と同じく、求められた仕様をベースに成果物を「期日感を持って作成できるか」という部分が大前提。

 

容易に期間変更できる育成計画はNG。負荷が高いような厳しいスクールが望ましい。
うぬぼれ

 

スパルタで挫折者も多いTECH CAMPはかなり理想。

 

プログラミングスクール界隈は闇!?
まとめ

プログラミングスクール界隈は闇!?
まとめ

本記事のまとめ

  • 完全無料で転職失敗
    →斡旋先がブラック会社という罠
  • 大金をドブに捨てる人々
    →過剰なインプットで数十万円を浪費
  • 現役エンジニアに選んでもらうべし
    →部外者が選んだところで何の根拠もなし

>>就職を後悔している20代、30代向けプログラミングスクール【最新版ランキング】

 

  • この記事を書いた人

うぬぼれ(管理人)

都内在住の29歳。大手IT企業にてデータ分析者として勤務中。ブログ内では副業解禁に先駆け2,30代サラリーマン向けに有益な情報を発信中。半年でフォロワー6000&1ヶ月でnote200部超えた実績あり。ちなみにMARCHの文系出身。

-プログラミング

Copyright© うぬぼれblog , 2020 All Rights Reserved.