プログラマーはきついけど楽しい。文系未経験でも挑戦すべき【結論】

プログラミング

プログラマーはきついけど楽しい。文系未経験でも挑戦すべき【結論】

悩める人
【今回のお悩み】
プログラマーってキツいって聞くけど本当かな。今後のキャリアとして考えてるけど何だか心配。
【本記事で解決】
プログラマーはキツい場面が確かに多いが、やりがいや楽しい瞬間もあるぞ。
うぬぼれ

 

<この記事を書いた人>
✔︎文系からエンジニア職
✔︎IT知識ゼロからIT企業に入社
✔︎現在はマネジメント業務も兼任
 (周囲に中途含みエンジニア多数)

 

本記事の内容

  • 繁忙期は大変
  • 成果を実感しやすい
  • スキルアップで選択肢が広がる

 

それでは内容に入っていこう。

 

プログラマーはきついけど楽しい
①繁忙期は大変

プログラマーはきついけど楽しい
①繁忙期は大変

毎日終電が数ヶ月続く事もある

・システムのリリース期はやばい
・激務とブラックは紙一重
・意外と暇な期間も多い

 

システムのリリース期はやばい

プログラマーの繁忙期はシステム開発のリリース直近場面が多い。締切日まで確認作業や修正事項が多発する事が主な要因だ。

 

お客様への納品日はずらせないため、一日の業務時間は自ずと伸びていく。

 

毎日終電帰りと言うのはザラにある。
うぬぼれ

 

 

 

激務とブラックは紙一重

よくプログラマーはその長時間労働ぶりから「IT土方」と揶揄される事も多い。

 

しかし、一概にブラックな職種と言うわけではなく「プログラミングは辛いけど楽しい」と言う人が多いのも事実。

 

 

一般的にブラックな職場とは「アホ上司」や「クレイジーな先輩」など人間関係の問題を含む場合が多い。プログラマーに限った問題ではない。
うぬぼれ

 

意外と暇な期間も多い

「プログラマーは1年中通して毎日終電帰り」と言うわけではない。次プロジェクトに参画するまでの空白期間なるものが存在する場合も多い。

 

 

企業や人にもよるけれども、空白期間なるものは必ず発生する。
うぬぼれ

 

開発プロジェクトのスケジュールを立てるときも、遅れが発生してもいいようにバッファ(余剰工数)を考慮するもの。

 

問題なく納品完了できたら一旦は解放されるものだ。

 

プログラマーはきついけど楽しい
②成果を実感しやすい

プログラマーはきついけど楽しい
②成果を実感しやすい

モノづくり経験や給料が積み上がる

・大規模システムが動く感動
・知識量が増える事を実感できる
・残業代が多く一年目から月収40万超え

 

大規模システムが動く感動

システム開発は決まった工程で進めていく事が多い。プロジェクトにもよるが数ヶ月から数年スパンで開発が完了した時の達成感は相当なものがある。

 

【ざっくり】システム開発の工程
・要件定義
・設計
・開発
・テスト
・リリース

 

 

特に文系の道を進んだ人にとっては「モノづくりの醍醐味」を初めて味わえる瞬間だ。
うぬぼれ

 

知識量が増える事を実感できる

プログラマーと言う職業柄、覚える事が多く日々勉強のため知識量が如実に増えていく。

 

・開発知識
・ビジネス知識
・PC全般の知識
・今後のキャリア知識
・転職市場に対する知識

 

大前提として、プログラマーになる事で自己研鑽が習慣化し当たり前になる。

 

特に1年目の場合、大学時代の友人達と仕事の話になると明らかに「視座が違う」と気付く場合が多い。

 

→Tableauとはダッシュボードツールの一つ。
 (集計したデータをグラフで整理&可視化できる)

 

 

良くも悪くも意識が高くなりやすい。(個人的には攻撃的でなければ悪いことではないと思う)
うぬぼれ

 

残業代が多く一年目から月収40万超え

プログラマーとして入る企業は必ず「残業代が全て払われる」かどうかを確認しよう。毎日終電で頑張ったは良いものの、残業代が0円ではモチベーションは地の底についてしまう。

 

裏を返せば残業代が全て払われる企業に入る事ができれば、繁忙期の月収は1年目から40万円以上をもらう事も可能。

 

ただし、生計費を残業代込みで考えるのはNG。無駄に残業してるとリストラ対象になるかも。
うぬぼれ

 

 

プログラマーに限らないがブラック企業に入ってしまった場合、サービス残業した証拠はとっておこう。後から請求できるぞ。
うぬぼれ

 

プログラマーはきついけど楽しい
③スキルUPで選択肢が広がる

プログラマーはきついけど楽しい
③スキルUPで選択肢が広がる

他でも通用できる技術力がつく

・副業で稼げる
・転職にも強くなる
・フリーランスにも転身できる

 

副業で稼げる

プログラミングでの副業は数多くの案件が存在する。webページの作成から、ツール開発の作成など様々な分野が求められている。

 

詳細は別記事にて紹介しているのでチェックだ。30万円の案件のコーディングが1時間で完了している。

 

本格的なプログラミング学習を始める前にランサーズ内で案件を確認してみよう。
うぬぼれ

 

 

転職にも強くなる

プログラミングスキルがあれば転職自体はかなり有利なものになる。今本業で行なっている分野と掛け合わせる事であなた独自の強みを発揮する事が可能。

 

 

転職まで見据えてプログラミングを学びたい場合はスクールを活用しよう。
うぬぼれ

 

フリーランスにも転身できる

例えば、Python(パイソン)やRuby(ルビー)といった求人数が多いプログラミング言語を選べばフリーランスになっても成功する可能性が高い。

 

BIGDATA NAVI

 

PythonやRubyは初学者でも習得しやすい言語なので確認してみよう。
うぬぼれ

>>プログラミング独学が可能な言語→【結論】PythonかRubyならアリ

 

プログラマーはきついけど楽しい
まとめ

プログラマーはきついけど楽しい
まとめ

本記事のまとめ

  • 繁忙期は大変
    →毎日終電が数ヶ月続く事がある
  • 成果を実感しやすい
    →モノづくり経験や給料が積み上がる
  • スキルアップで選択肢が広がる
    →他でも通用できる技術力がつく

>>就職を後悔している20代、30代向けプログラミングスクール【最新版ランキング】

 

  • この記事を書いた人

うぬぼれ(管理人)

都内在住の29歳。大手IT企業にてデータ分析者として勤務中。ブログ内では副業解禁に先駆け2,30代サラリーマン向けに有益な情報を発信中。半年でフォロワー6000&1ヶ月でnote200部超えた実績あり。ちなみにMARCHの文系出身。

-プログラミング

Copyright© うぬぼれblog , 2020 All Rights Reserved.