コラム・話題

お気に入り映画を見返したくなる3つの理由

①そもそも”映画"の効果がすごい

映画そのものは我々の感情を突き動かし、身体への正フィードバックを起こしてくれる。下記3点はいずれも研究で明らかになっている効果だ。

〜映画をみる事によるメリット3選〜
①「非日常感を味わう」
 →脳領域の活性化
②「喜怒哀楽への影響」
 →血流の促進
③「世界観への没入」 
 →創造力の強化

”映画を見る事”は脳機能に好影響を与える

②過去に見た名作はハズレなし

映画に付きものなのは「面白いか否かの当たり外れ」である。では、過去に見た映画は映画のメリットを享受できないのであろうか。答えは「NO」である。過去に見た映画でも恩恵を享受することができるのだ。 

〜昔の映画のメリット3選〜
①面白さの担保
 →お気に入り作品のため
②集中力が必要がない
 →オチを知っているため
③名シーンに注力できる
 →良い場面を知っているため

”時間の無駄”になる可能性が0になる

③成功体験を主人公から分けて貰える

<主人公は自分という認識>
少々小難しい話になりますが、人間にはミラーニューロンというものが備わっており、主人公が苦しい時や悲しい時に我々も同じ感情に近づこうとしています。
(いわゆる「感情移入」と呼ばれる現象)

<成功体験の共有>
感情移入する事で主人公が困難を乗り越えていく過程を我々は擬似体験する事ができます。つまり、ただ視聴しているだけで「擬似的な成功体験を得る」事ができるのです。

"メンタル改善に不可欠な成功体験"を積む事ができる

【結論】お気に入り映画を見返そう

今であればテレビだけでなくスマホでも見れる時代です。「映画を見る生活」が自分に合っているかどうかは試してみましょう。最初は"U-NEXT"の無料期間で試し、良かったら継続という形が一番良いでしょう。

通常バナー

※1ヶ月以内での解約は1円もお金かかりませんでした(うぬぼれ経験談)


▼映画をみる時ポップコーン以外には良質な脂肪を含むミックスナッツがオススメ▼

  • この記事を書いた人

うぬぼれ(管理人)

現在29歳。MARCH卒業後の現在は都内のIT企業に勤める会社員。副業解禁に先駆け有益な情報を発信中。Twitter×ブログの可能性を追求中。noteでコンテンツを2020年1月に公開後、200部を突破。ちなみに令和婚。

-コラム・話題

Copyright© うぬぼれblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.