婚活でモテる男性の年収は600万円。最短ルートはこれだ【2020年】

コラム・話題

婚活でモテる男性の年収は600万円。最短ルートはこれだ【2020年】

悩める人
【本日のお悩み】そろそろ婚活しなきゃと思ったけど年収600万円ないと選べないのか。年収をあげて理想の女性と結婚したい。
食いっぱぐれないスキルをつければ万事解決。特にITスキルは年収UPと将来性が抜群だ。
うぬぼれ

 

<この記事を書いた人(アラサー)>
✔︎年収600万円以上(残業、副業のぞく)
✔︎都内のIT企業社員
✔︎妻が第一子妊娠中

 

大前提として、婚活市場において女性側が結婚相手に求める理想年収は600万円である。

 

30歳前後でこの年収があれば正直モテるため、十分に努力する価値はある。
(※日本全体の平均年収は400万ちょい程度のため十分な高給取りの部類)

 

年収で判断されたくないという気持ちは非常にわかるが、結婚した先輩の一人として言わせてほしい。

 

現実問題として結婚後はお金が必要になる。

 

これには目を背けてはいけない。

 

【結婚前後の出費イベント】
・プロポーズ
・婚約〜結婚式
・妊娠〜出産
・子育て

 

特に女性側は妊娠や育児で仕事を中断せざるを得ない期間が出てくる。

 

ココがポイント

結婚後はあなたの一馬力で家庭を支える場面が必ず出てくる。

 

今から何をするべきかは答えはもう出ている。

 

【結論】ITスキルに全力投下。「年収」と「未来」を変えていこう。

 

婚活でモテる男性の年収は600万円
①情報通信業を狙っていけ

婚活でモテる男性の年収は600万円
①情報通信業を狙っていけ

今後の将来設計をする際はすぐに動かずに大局を見据えて動くべき。

 

特に下記3点はしっかり意識すればOKだ。

 

把握するべき事

①そもそも年収UPが可能な業種か
②働き方は自分に合っているか
③実現可能性が十分にあるか

 

情報通信業が婚活に強い理由

情報通信業は年収UPが可能

業種別年収では堂々の3位(平均599万)にランクインしている。

 

ちなみに下記画像の通り、他の1,2位はインフラ(747万円)と金融業(615万円)である。

 

 

情報通信業の代表例としては、NTTデータやYahoo、SoftBankやKDDI、NTT docomoなどが該当する。
うぬぼれ

 

転勤ストレスが皆無なエンジニア

環境変化に弱くても大丈夫な職業。

 

職種にもよるがエンジニアを選べば、営業の方々とは異なり転勤が発生する場合が非常に少ない。

 

度重なる転勤はあなただけでなく、奥さんや子どもを精神的に疲弊させてしまう。

 

腰を据えて働くことができる職業選択は平和な家庭作りに直結する。

 

文系未経験や高卒でも十分に狙える

エンジニアの多くは文系出身者。

 

また理系の場合も情報専攻とは無縁の学部出身者の場合が多い。この採用傾向は大手でも中小企業でも変わっていない。

 

ココがポイント

文系出身であろうが正しい努力次第では短期間で人生をガラリと変える事が可能。

 

2020年、プログラミングスクールに人が殺到し始めている。この事実に多くの人が気付き始めたためだ。

 

【注意】インフラと金融の業種について

年収が高すぎる他業種には要注意だ。

 

電気やガスなどのインフラ企業の採用者をのぞいてみると高学歴のオンパレードだ。

 

あなたが高学歴の場合はチャレンジする価値があるがそうでないなら避けておくのが無難だ。

 

また、金融業は激務や体育会系の文化は根強く残っているため体育会系でない限りはオススメできない。

 

ポイント

一方で情報通信業はそこそこの働きでそこそこの年収という安定感が強みだ。

 

婚活でモテる男性の年収は600万円
②ITスキルの中で最強なもの

婚活でモテる男性の年収は600万円
②ITスキルの中で最強なもの

圧倒的にプログラミング

就職や転職など全場面で強い

一度でも定着させれば非常に強力。

 

プログラミングスキルの一つのメリットは汎用性(はんようせい)が高い事である。

 

例えば、あなたが今後エンジニアとして転職を重ねる時にも前職で培ったプログラミングスキルをそのまま転職後も発揮できる。

 

今後の日本は欧米に習い、人材の流動化すなわち転職してキャリアアップが当たり前の時代になる。

 

プログラミングスキルは強い。
うぬぼれ

 

国はIT人材を増やしたがっている

現代ではITと我々の生活は切っても切り離せない関係にあり、今後もその傾向は加速する。

 

IT人材は世界中で必要とされている。

 

自ずと雇用機会の創出も容易に想像がつくというわけだ。

 

スキル的にも将来性的にも食いっぱぐれないという点では他を圧倒するほど不況に強い。

 

フリーランスになれば1,000万円も夢ではない

また文系出身者や学歴など関係なくプログラマーとして独立し1,000万円プレイヤーになる人も多い。

 

30代プログラマー

独立した場合は中間マージンが搾取されないため、会社員時代の給料から一気に跳ね上がるケースが多い。

 

今ではクラウドワークスやSNSなどで仕事も受注できる関係にあり、まさに自由に働く事ができる可能性を秘めているのだ。

 

婚活でモテる男性の年収は600万円
③年齢で門前払い

婚活でモテる男性の年収は600万円
③年齢で門前払い

ここまで説明したことを振り返ってみよう。

 

・年収600万円は婚活市場でモテる
・努力次第で稼げる業種は情報通信業
・将来性や年収面でプログラミング最強

 

実はあともう一つ重要な要素がある。それは年齢だ。

 

婚活市場にはタイムリミットがある

若くないとそもそも条件対象外になる

婚活市場で女性は20代がもっとも人気が高い。そして20代女性の恋愛対象は2,30代である。

 

人気会員の20代女性

できれば2,30代で年収600万円あったらお会いしてみたいです。。。

 

要するに年収を効率的にUPさせる方法がわかった所で、「なるべく早くから」取り組まないと機会損失してしまう。

 

2,30代であれば今こそラストチャンス

そして未経験からのエンジニア転職は2,30代がラストチャンスとも言われている。

 

注意ポイント

プログラミングスクールによっては「30歳以上お断り」の所もある。

 

あなたが2,30代で現状に不満を抱いているなら、各スクールの無料相談の門戸を叩いてみるのも一つの手だろう。

 

婚活でモテる男性の年収は600万円
まとめ

婚活でモテる男性の年収は600万円
まとめ

ITスキルに全力投下すべし

 

30歳であってもプログラミングを勉強する価値は十二分にある。

 

30代の方は下記動画(全10分)も是非。

 

自分が別記事でも推奨しているTECH CAMP(旧TECH::EXPERT)についても言及している。

  • この記事を書いた人

うぬぼれ(管理人)

都内在住の29歳。大手IT企業にてデータ分析者として勤務中。ブログ内では副業解禁に先駆け2,30代サラリーマン向けに有益な情報を発信中。半年でフォロワー6000&1ヶ月でnote200部超えた実績あり。ちなみにMARCHの文系出身。

-コラム・話題

Copyright© うぬぼれblog , 2020 All Rights Reserved.