Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?注文と料金を徹底解説【最新版】

コラム・話題

Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?注文と料金を徹底解説【最新版】

2020年4月26日

悩める人
【今回のお悩み】
外出自粛していると外食が恋しくなる。Uber Eats (ウーバーイーツ)の良い評判ばかり聞くけどデメリットとかあるのかな
【本記事で解決】
宅配サービスを利用していない店舗も配達対象になるので非常に便利。基本的な注文や料金〜デメリット解消方法など利用経験を元に解説しよう。
うぬぼれ

 

Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?
注文と料金その1:登録〜注文まで

Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?
注文と料金その1:登録〜注文まで

【全3ステップ】
登録〜注文までが超シンプル

全手順はたった3つ

①アカウント作成
②対象エリアを確認
③店舗と商品を選択

 

それでは実際の利用画面にしたがって手順を確認していこう。

 

①アカウント作成

Uber Eats (ウーバーイーツ)のアカウント作成には電話番号が必要である。

 

 

①アカウント作成

 

 

電話番号入力後は自分宛にメッセージが送信される。その後は画面に沿って必要な情報を入力すれば良いだけ。ここまでたった数分以内に完了する。これだけで注文するまでの準備は全て整った。

 

残すは「対象エリアを入力」し、「店舗と商品を選択」のみである。シンプルな操作感はユーザーとして非常にありがたい。

 

②対象エリアを確認

例えば東京都渋谷区でエリア検索してみよう。エリア情報を入力することにより配達可能な詳細エリアが一覧で表示される。

 

 

②対象エリアを確認

 

 

エリア情報を確定すると店舗情報が表示される。配達可能な店舗さえあれば小腹が空いた時に気軽に利用できる。

 

 

配達可能な店舗が数多く存在

 

 

ちなみに深夜0時近くまで配達可能な店舗が数多く存在する。夜通しで何か作業をする際など使い勝手が良いサービスだ。

 

③店舗と商品を選択

カレーハウスCoCo壱番屋を選択したら配達可能なメニューの一覧が表示される。その中から希望の商品をタッチすれば良いだけ。

 

 

③店舗と商品を選択

 

 

CoCo壱番屋の場合はほぼ全てのメニューが配達可能であるためお気に入りの商品を選択することができる。(手仕込みとんかつカレー)

 

 

オプション選択画面

 

 

管理人と同じように激辛派の人は辛さトッピングなどオプションを利用しよう。店内で注文する感覚と変わらない自由度である。

 

配送地域を確認してみよう

アカウント解説から注文までが非常にシンプルで使いやすい事が分かっただろう。まずは配送地域かどうかを確認してみよう。

 

✔︎時間指定と今すぐの好きな配達OK
✔︎宅配サービスしていない店舗もOK
✔︎受け取る際も配達員と会わずにOK

 

Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?
注文と料金その2:料金上乗せ

Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?
注文と料金その2:料金上乗せ

どのくらい料金が上乗せされているか

【結論】店内と比較した結果+400円

CoCo壱番屋恵比寿店を例に通常飲食との比較を行なった。

 

 

商品名 通常の店内飲食 Uber Eats(ウーバーイーツ)利用時
手仕込みとんかつカレー ¥985(税込) ¥1,380(税込)

 

 

約400円ほど料金が上乗せされているという結果になった。「身支度を整える〜店舗までの往復距離〜待ち時間」の負荷を考慮すると好き嫌いは分かれるだろう。

 

人と会いたくない日や何かに没頭したい日など利用シーンを選ぶのがオススメ。

 

3種類の手数料がある

上乗せ料金の全内訳はこちら

①配送手数料
②サービス手数料
③少額注文による手数料(700円以下)

 

それでは実際の利用画面にしたがって詳細な金額を確認していこう。

 

①配送手数料(+250円)

配送手数料はお届け先の住所や配達可能な付近の配達パートナーの数などに基づいて算出され、レストランごとに異なります。レストランを選ぶ段階で実際の配送手数料が表示されます。

Uber Eats 手数料の仕組み

 

 

 

①配送手数料

 

 

CoCo壱番屋恵比寿店の場合、配送手数料は「250円」となる。実際にあとで確認すれば分かるが配送手数料はどこの店舗も良心的な価格設定である。

 

②サービス手数料(+10%)

Uber の配達を利用する全てのご注文にはサービス料が適用されます。レストランの配達員によるお届けの場合には、サービス料は適用されません。

Uber Eats 手数料の仕組み

 

 

 

②サービス手数料
CoCo壱番屋恵比寿店の商品ページ内に記載

 

 

CoCo壱番屋恵比寿店の場合は10%のサービス手数料がかかるという事だ。従来の料金+10%が上乗せされるという事になる。

 

③少額注文による手数料

¥700 未満のご注文には、¥150 の手数料が適用されます。商品を追加すると手数料が免除されます。

Uber Eats 手数料の仕組み

 

 

少額注文による手数料は基本的に発生しないと考えて良い。理由は700円以上になるメニューがほとんどのため。

 

万が一下回る場合はサイドメニューやオプション追加する事が賢い利用法である。

 

手数料は店舗や地域によって異なる

まずは近隣店舗の各手数料について調べてみよう。下記リンクからすぐ確認する事ができる。

 

✔︎時間指定と今すぐの好きな配達OK
✔︎宅配サービスしていない店舗もOK
✔︎受け取る際も配達員と会わずにOK

 

Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?
注文と料金その3:デメリットと解消方法

Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?
注文と料金その3:デメリットと解消方法

3種類のデメリットと解消方法

全デメリットはこちら

①上乗せ料金が高い
②配達員と会いたくない
③常に配達できる訳ではない

 

それでは実際の利用画面にしたがって解消方法も併せて確認していこう。

 

①上乗せ料金が高い

Uber Eats (ウーバーイーツ)を利用する事によって+数百円の上乗せ料金が発生するため割高になる。お得に利用したい人は下記2つの手段がおすすめだ。

 

1.割引クーポンを利用して支払額を下げる
 →不定期に配布される割引クーポンを利用

①上乗せ料金が高い
手数料を超える割引額の場合も多い

 

②友達紹介によって貰ったクーポンを利用する
 →自分の紹介コードを伝えて利用してもらうだけ。
 ・紹介した人(あなた)
  └1,500円割引クーポンがもらえる
 ・紹介された人(友人)
  └750円割引クーポンがもらえる
 ※ちなみに2020年4月時点の情報(状況によって変化あり)

 

②配達員と会いたくない

女性の一人暮らしの場合などできる限り人と会いたくないという人も多いはず。その場合は玄関先に商品を置いてもらうようにしよう。

 

方法はいたってシンプルだ。注文する際に「玄関先に置く」を選択すれば良いだけ。

 

 

②配達員と会いたくない

 

 

料金はカードによる事前払いが可能なので一瞬も会う必要がない。あらゆる対面リスクを避ける事ができる。

 

 

③常に配達できる訳ではない

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み上、配達員が不足すると配達できない可能性が出てくるのだ。悪天候の場合などが想定される。

 

ただ、実際問題としてサービス普及と共に配達員が増加しているため配達できない状況が頻発する可能性は稀である。

 

「隣駅の店舗に注文する」事で解消できる場合が多い。都市部のような駅間隔が狭い地域は「一つ駅をズラして注文する」というコツさえ掴めば利便性を保つ事ができる。

 

現在の配達状況を確認してみよう

実際に配達可能であれば店舗が選択できるようになっている。地域柄の特性もあるかもしれないので実際に配達状況を調べてみよう。

 

✔︎時間指定と今すぐの好きな配達OK
✔︎宅配サービスしていない店舗もOK
✔︎受け取る際も配達員と会わずにOK

 

Uber Eats (ウーバーイーツ)は怖い!?
仕組みと料金まとめ

今後はますます利用者が増えそう

管理人自身は下記ツイート投稿した日以降、現在に及ぶまで複数回利用している。雨の日や行列に並びたくない、ブログ作業に没頭したい日など想像以上に利用シーンが多かった。

 

 

 

 

もしも、あなたが在宅勤務しているサラリーマンなど不用意な外出を控えたい場合は積極的に使ってみるのも手だろう。わずか数百円で様々な時間を生み出す事ができるので試す価値はある。

 

✔︎時間指定と今すぐの好きな配達OK
✔︎宅配サービスしていない店舗もOK
✔︎受け取る際も配達員と会わずにOK

 

 

副業や資格勉強したい時にうってつけのサービスだ。今後はますます大流行するだろう。

  • この記事を書いた人

うぬぼれ(管理人)

都内在住の29歳。大手IT企業にてデータ分析者として勤務中。ブログ内では副業解禁に先駆け2,30代サラリーマン向けに有益な情報を発信中。半年でフォロワー6000&1ヶ月でnote200部超えた実績あり。ちなみにMARCHの文系出身。

-コラム・話題

Copyright© うぬぼれblog , 2020 All Rights Reserved.